沖縄県囲碁連盟規約

沖縄県囲碁連盟規約

(名称)

第1条   本組織は沖縄県囲碁連盟と称する。(以下「本連盟」という。)

(目的)

第2条   本連盟は沖縄県内アマ囲碁全般に関係する事項を調整し、県内囲碁の普及向上に努める。また本連盟は日本棋院沖縄県支部連合会の機能も有し、同棋院と連携する。

(事業)

第3条   本連盟は第2条の目的を達成するため次の事業を行う。

  1. 全県的規模のアマ棋戦の大会やその他の大会、及びイベントなどを主催、共催する。
  2. 日本棋院の会員募集などに協力する。
  3. その他目的達成に必要な事項。

(組織)

第4条   本連盟は、第2条の目的に賛同する者をもって組織する。

(総会)

第5条   総会は原則として年1回開催する。

(役員)

第6条   本連盟に次の役員を置く。

会 長      1名

副会長     若干名

理 事     若干名

監 事      1名

事務局長     1名

事務局次長   若干名

顧問      若干名

(役員の任務)

第7条  役員の任務は次の通りとする。

  1. 会長はこの会を代表し、会務を統括する。
  2. 副会長は会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する。
  3. 理事は会長を補佐し、会務を分担処理する。
  4. 監事はこの会の会務並びに会計を監査し、総会においてその結果を報告する。
  5. 事務局長は会務全般の連絡調整を図り、本会の事務を処理する。
  6. 顧問はこの会の会務に関し、会長及び各機関の相談に応ずるものとする。

(事務局)

第8条  本連盟の事務局を会長の指定する所に置く。

(役員の選出)

第9条   役員は役員会で推薦し、総会の承認を得る。

(役員の任期)

第10条 役員の任期は2年とし、再任を妨げない。但し、補欠者の任期は前任者の在任期間とする。

(役員会)

第11条 役員会は必要に応じて会長が召集し、会の運営や事業等に関することを協議し執行する。

(経費)

第12条 本連盟に要する経費は、事業収入、法人会費、個人会費、寄付金その他の収入をもって充てる。

(会計年度)

第13条 本連盟の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。

(規約の改正)

第14条 この規約は、総会の過半数の賛成を得て改正することができる。

(附則)

この規約は、平成22年 2月 26日から施行する。